HOME>トピックス>実力を証明する方法

ゲームを自分で作ってみる

ゲームが本当に好きならば、ゲームプログラマーになってみると面白いでしょう。毎日大好きなゲームの設計に携われるため、好きなことを仕事にすることが出来ます。ですが、どうすればゲームプログラマーになれるのでしょうか。ゲームプログラマーになるには正確な道筋がある訳ではありません。特にこれといった特別な資格が必要なわけでもありません。こうなると道筋は様々になりますが、残念ながら一般的にはゲーム会社は全くの素人を採用することはあまりありません。そこで、ゲームを自分でそれなりに作れるようなことを証明することが重要です。先ずは自分ひとりで簡単なゲームを作成してみましょう。

ゲームを公開する

今では自作のゲームも簡単に公開できます。インターネット上に無料ゲームは多数あるので、同じような感覚で自作のゲームを公開してみましょう。ゲームプログラマーになるには、こうした実績を残していくことが近道です。

資格を取得する

ゲームプログラマーになるには、もちろんプログラミング言語の習得が不可欠です。そこで、プログラミング言語の資格等も役立つかもしれません。資格があればそれなりの実力があることを客観的に証明できますので、役立ちます。

広告募集中